アスタリフトの使用感がサラサラ過ぎて不安なのですが?

MENU

アスタリフトの使用感がサラサラ過ぎて不安なのですが?

アスタリフトの使用感がサラサラ過ぎて不安なのですが?

アンチエイジング化粧品の中でも、特に高い人気を誇るアスタリフト。
この化粧品には、他にはない魅力的な独自成分が配合されています。
それが、ダブルの赤の成分と言われるアスタキサンチンとトマトリコピン。

 

これらの成分は、肌の内部に浸透し、ハリと弾力のアップに役立ってくれます。
さらに、ナノ化されたコラーゲンや、ヒト型ナノセラミドも配合されています。
これらは、全て独自技術で、非常に高い浸透力を実現しています。

 

そのため、「肌が食べる」というキャッチコピーまであり、特に特徴的な成功美容液はジェリー状なのに、グイグイ浸透していきます。
そんなアスタリフト、あまりにも浸透力が高いために、使用後しばらくすると、すぐにサラサラになってしまうと感じる方がいます。
「潤いが持続していないのではないか?」と不安になってしまいますよね。

 

ですが、肌表面にいつまでもとどまってベタベタしている化粧品というのは、浸透していない証拠ですよね。
つまり、すぐにサラサラになるアスタリフトは、肌の内部にしっかり働きかけているということなのです。
すぐにサラサラになっても、肌の内側にはしっかり潤いを補給できています。

 

特にヒト型ナノセラミドは、肌の保水力アップに役立つ嬉しい成分です。
これを配合していることによって、潤い効果も持続しやすくなっています。
肌表面がサラサラになっても、触れてみるとふっくら弾力があれば大丈夫です。

 

どうしても不安だという場合には、より保湿力に着目したアンチエイジング化粧品に切り替えてみても良いでしょう。

アスタリフトは、どちらかというとハリ・弾力アップに着目した化粧品です。
保湿力で言うなら、ライスフォースなどがオススメですね。

関連ページ

アンチエイジングに効果的な化粧品の選び方って!?
アンチエイジングコスメとして販売されている化粧品には、いろいろな物がありますよね。効果的な化粧品の選び方で注意したいのは、自分のニーズを満たしてくれるかどうかという点です。
アンチエイジング化粧品以外で肌対策する方法は?
アンチエイジング化粧品で肌そのものをケアするのは、とっても有効な方法。ですが、肌表面からの働きかけだけでは、年齢肌悩みの進行を止めることはできません。まずは体の内側からのケアを心がけていきましょう
40代からのアンチエイジングでは化粧品は高級じゃないとダメ?
40代くらいになってくると、そろそろ年齢肌悩みも一気に表面化してきます。できるだけ効果の高い化粧品で、丁寧にケアしていきたいものです。ですが、効果の高い化粧品は、イコール高額な化粧品というわけではありません。
ライスフォースはしわ対策に効果がありますか?
世界的にファンが多いという人気のアンチエイジング化粧品、ライスフォース。比較的、低価格で気軽に楽しめる化粧品なので、若い頃からの予防の意味でのアンチエイジングにも効果的です。
アヤナスはどんな肌でも問題なく使えるの?
敏感肌で悩まされる方の心強い味方となっているのが、アヤナスという化粧品です。基本的にアンチエイジング化粧品というのは、様々な美容成分が配合されているため、肌に負担がかかってしまうことも多いものです。そのため、敏感肌の方はアンチエイジングを諦めてしまうこともありますよね。
リペアジェルのベタベタした使用感を防ぐ方法は?
リペアジェルは保湿効果が非常に高く、しかも美容成分100%の高濃度な美容液です。そのため、使用感がベタベタと感じてしまうという声も少なくありません。そこで、使用方法としては、リペアジェルをリペアウォーターで薄める方法が有効です。
ビーグレンはアメリカ発の化粧品だけど刺激は無いの?
アメリカ発の化粧品であるビーグレンに不安を感じる方も多いようです。ですが、ビーグレンは、日本で販売されている分に関しては、日本人の肌に合わせて独自に開発されています。そのため、アメリカ生まれだからといって日本人の肌に合わないということはありません。
20代後半ですがアンチエイジング化粧品を使い始めるべきでしょうか?
アンチエイジング化粧品を使い始める時期には、個人差があります。その理由は、肌の状態そのものに個人差があるからです。例えば中学生の頃に、一切紫外線ケアをせずに部活に励んでいた人は、20代後半でもシワやシミが出てくることがあります。 「まだ20代だから」と油断していると、年齢と共にどんどん解消しにくくなってしまいます。
アンチエイジング化粧品の変え時って!?
肌の状態は刻々と変化しています。これまで問題無く使用でき、お気に入りだった基礎化粧品も、だんだんと物足りなくなったり、肌に合わなくなることもありますね。これは、肌の状態が変わるタイミングが来たと受けとめることができます。 化粧品の変え時は、このようなタイミングです。