アンチエイジングのコツ:脂性肌は実は乾燥してるかも!?

MENU

脂性肌は実は乾燥してるかも!?

年齢と共にお肌がギトギトして、テカりやすくなってしまうという方もいます。
これには様々な原因があり、特に注意したいのは、インナードライ肌と言われる状態と、ホルモンバランスの乱れです。
これらに働きかけることができるスキンケアと、生活習慣の改善を行っていきましょう。

 

インナードライ肌に注意!

脂性肌は見た目にはギトギトと皮脂がたっぷりあるために、潤っているように思われがちです。
ですが、実はお肌の内部はカラカラに乾燥してしまっている、というケースが少なくありません。
これをインナードライ肌と言い、これ以上肌を乾燥させないためにと、皮脂を過剰分泌してしまうことで脂性肌になってしまいます。

 

インナードライ肌は、外観では分かりにくいので、まずは徹底した保湿ケアを試みてみてください。内側からしっかりと潤いで満たせば、自然と皮脂の分泌量が落ち着き、理想的な肌状態になってくることがあります。

 

ただし、皮脂量が多い分、化粧水が浸透しにくい傾向があるため、化粧品選びには注意が必要です。できるだけ浸透力にこだわるアイテムを厳選して、しっかりと内部まで潤い成分を届けましょう!

男肌になっているかも!?

年齢と共にお肌がギトギトしてしまうのは、特に男性に多いですよね。
これには男性ホルモンの影響が大きく関係しています。
男性ホルモンは皮脂量を増やしてしまう働きがあり、これにより、男性特有のギトギト肌が起こる傾向があるのです。

 

女性の場合も、年齢と共に女性ホルモンエストロゲンの分泌量が減少してくると、男肌に近づいてしまうことがあります。男性ホルモンは女性も分泌されていますので、これが優位になることで、皮脂量が増えてしまうこともあるのです。

 

ホルモンバランスを整えるために、生活習慣面では早寝早起きを徹底したり、食事ではザクロジュースや大豆製品などを意識的に摂取しましょう。
こうして女性ホルモンの分泌を促進することで、脂性肌悩みを改善していくことができる可能性があります。

ストレスのケアも大切!

ホルモンバランスの乱れに大きく関係しているのが、ストレスです。
このストレスをケアする方法はたくさんあります。
ゆっくり入浴したり、ぐっすり眠ったり、たくさんおしゃべりしたり、体を動かしたり・・・
自分に合った方法を見つけてみると良いですね。

 

また、アンチエイジング化粧品を使ったお肌のケアにも、癒し効果を求めてみましょう。
良い香りのもの、使用感の良いものを選んで毎日のスキンケアを楽しむことで、ストレスが緩和され、ホルモンバランスが整い、皮脂の分泌量が落ち着くかもしれません。

関連ページ

乾燥肌は化粧水をたっぷり使って!
お肌の内部にある、保湿や保水に役立つセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった成分は、年齢と共に減少してしまいます。その結果、乾燥肌に悩まされ始める方が少なくありません。そこで、乾燥肌悩みをアンチエイジング化粧品で徹底解消してしまいましょう!
敏感肌は年齢と共に進行する!?
現代人は敏感肌に悩まされる女性が少なくありません。また、この肌質は特に年齢を重ねるにつれて、増えてくる傾向があります。しかも敏感肌はエイジング悩みも発生しやすいので、しっかりケアしてあげる必要があるのです。