秋のアンチエイジング

MENU

秋のアンチエイジング

秋になれば、紫外線や暑さも和らぎ、過ごしやすい気候と感じる方が増えてきますね。ですが、この時期は夏の肌疲れが一気に押し寄せてきたり、安定しない気候にお肌も身体も疲れてしまいやすい時期でもあります。さらに食欲も増しますので、内側と外側から、しっかりとアンチエイジングケアをしていくことが大切です。

 

油断は大敵!

紫外線は夏にピークを迎え、秋になると徐々に和らいできます。そのため、秋にはUVクリームを使わなくなるという方も、中にはいるのです。ですが、油断は大敵です。秋になっても、まだまだ日差しの強い日はあり、紫外線もたっぷりと降り注いでいますので、引き続きUVケアは徹底していきましょう。

 

UVケアは、基本的に年間を通して行うべきものとなっています。秋になったからと不要になることはありませんので、その点は忘れないようにしましょう。ただし、秋には紫外線量は減少傾向にありますので、夏場よりもSPF、PAの値が低いものを選び、お肌に負担をかけないための配慮をすることも大切ですね。

乾燥しやすくなる季節

保湿に関しても年間通して大切なものではありますが、秋になると、夏場のじめじめ感が無くなり、空気が乾燥しがちになってきます。そのため、ますますお肌が乾燥しやすくなるので、より保湿力の高いアンチエイジング化粧品を使用していく必要性が出てきますね。例えば同じメーカーで、ノーマルタイプとしっとりタイプがある場合には、この秋という季節こそが、しっとりタイプに切り替える機会と考えてください。

 

乾燥しやすくなる秋という季節に対抗するために、保湿力に優れたライスフォースがオススメです。ライスフォースはお米由来の優しい成分で、お肌を内側からしっかり保湿して整えてくれますので、秋の乾燥に負けない肌作りが叶うでしょう。

食べ過ぎは禁物!

秋に化粧品以外で注意しなければならないのが、食べ過ぎです。年齢肌悩みに関係しているのは、外側からのダメージだけではありません。例えば秋には食欲が急激に増し、甘いものなんかもガッツリ食べたくなりますよね。ですが甘いものに含まれる糖分は、糖化と言われる現象を起こし、お肌を老けさせてしまいます。

 

また、食べ過ぎて胃腸に負担がかかると、肌荒れなども起こりやすくなります。当然、過剰なカロリーの摂取は太る原因にもなりますので、いくら美味しくても、腹八分目の健康的な食事を心がけましょう。

関連ページ

春のアンチエイジング
春というと、暖かくて気候が良く、気分も良くなる季節ですよね。ですが、そんなイメージとは裏腹に、実は身体やお肌に負担が大きい季節でもあります。そんな春のアンチエイジングでは、肌状態と体の状態を健やかに整える、ということを第一の目的にしたいですね。
夏のアンチエイジング
夏はお肌のアンチエイジング効果を大きく左右する、重要な季節です。この季節のスキンケア次第で、その後のお肌が大きく変わってきますので、徹底したケアを行っていきましょう。
冬のアンチエイジング
冬は体が芯から冷えて、辛い時期ですよね。日本の冬は厳しく、体調管理も大変ですし、同時にお肌の管理にも苦労する季節でもあります。アンチエイジング化粧品を活用しながら、冬の過酷な寒さを乗り越えましょう!