夏のアンチエイジング

MENU

夏のアンチエイジング

夏はお肌のアンチエイジング効果を大きく左右する、重要な季節です。この季節のスキンケア次第で、その後のお肌が大きく変わってきますので、徹底したケアを行っていきましょう。

 

とにかくUV対策を!

年齢肌悩みをもたらす大きな原因として知られているのが、紫外線です。この紫外線は、特に夏場に最も強くなると言われています。夏に屋外で過ごす時はもちろんのこと、窓から侵入してくる紫外線も肌の奥深いところにダメージを与えるので、家にいる時でも油断は禁物です。

 

朝は早起きして、早めにファンデまでを塗布し、紫外線をカットするお肌づくりをしておきます。洗濯物を干すなど、ちょっとだけ外に出る時にも、せめてファンデまで塗布しておけば安心して干すことができますね。ただし、UVクリームなどは数値が高ければ良いというものではなく、必要以上に数値が高いものは逆に、お肌に負担をかけ、年齢肌悩みの原因になることもあるので注意が必要です。その日の過ごし方によって、UVクリームを使い分けましょう。

しっかり保湿ケア!

夏場のお肌は一見、潤って見えますが、空調や紫外線の影響により、実はかなり乾燥しやすくなっています。乾燥したお肌はバリア機能が低下し、紫外線ダメージも受けやすくなり、紫外線による深いしわや、乾燥による小じわが発生しやすい状態になってしまいます。

 

つまり夏は、特にしわが発生しやすい要注意な季節なのです。そんなしわを残さないためにも、とにかく徹底的に保湿ケアをして、紫外線や乾燥に負けない、元気なお肌を作っていきましょう。この時期は肌のターンオーバーが乱れて成分が浸透しにくくなっているので、保湿力だけでなく、浸透力にもこだわったビーグレンなどがおすすめですね。

夏の食欲低下に注意!

化粧品以外で、夏にできるアンチエイジングとしては、栄養面が挙げられます。夏は気温が高くなるため食欲が低下し、あまり食べられず、栄養が偏ってしまうという方も少なくありません。ですが、しっかり栄養を摂取しなければ、お肌がカラカラになったり、たるみやしわなどが起こりやすくなってしまいます。

 

食欲がないのに、無理にスタミナ食材を食べる必要はありませんが、野菜やお肉、お魚など、必要最低限の良質な栄養は摂取していきたいですね。逆にアイスや冷たい飲み物は、体を冷やして代謝を低下させ、お肌がくすんだり抜け毛が発生する原因になるので控えましょう。内側からもしっかりケアしておけば、夏の疲れで一気に老け込む、という事態も防げます。

関連ページ

春のアンチエイジング
春というと、暖かくて気候が良く、気分も良くなる季節ですよね。ですが、そんなイメージとは裏腹に、実は身体やお肌に負担が大きい季節でもあります。そんな春のアンチエイジングでは、肌状態と体の状態を健やかに整える、ということを第一の目的にしたいですね。
秋のアンチエイジング
秋は夏の肌疲れが一気に押し寄せてきたり、安定しない気候にお肌も身体も疲れてしまいやすい時期でもあります。さらに食欲も増しますので、内側と外側から、しっかりとアンチエイジングケアをしていくことが大切です。
冬のアンチエイジング
冬は体が芯から冷えて、辛い時期ですよね。日本の冬は厳しく、体調管理も大変ですし、同時にお肌の管理にも苦労する季節でもあります。アンチエイジング化粧品を活用しながら、冬の過酷な寒さを乗り越えましょう!