たるみやハリの低下に強いアンチエイジング化粧品は多数!

MENU

たるみやハリの低下に強いアンチエイジング化粧品は多数!

アンチエイジング化粧品の多くは、年齢と共に発生するお肌の「たるみ」「ハリの低下」といったお悩みに強い内容となっています。年齢を重ねると、徐々に重力に逆らいにくくなってしまうため、お肌が垂れてたるんでしまったり、ハリが損なわれて萎んだ印象になってしまったりします。

 

そんなお悩みに対しても、高い効果が期待できる成分を配合したアンチエイジング化粧品は多数ありますので、諦めずにしっかりケアしていきたいですね。

 

たるみやハリの低下に強いアンチエイジング化粧品は多数!

たるみやハリの低下の原因

赤ちゃんの頃には、つつけばパンッと弾けてしまうのではないかと思えるほど、お肌にハリがありますよね。10代、20代の頃にも、赤ちゃんほどではなくても、まだお肌がピンッと張った感じを実感できます。ですが、30代を超える頃から徐々にお肌が下がり、萎んできた感覚を実感する方は少なくありません。

 

このようなたるみ、ハリが発生しはじめる原因としては、

  • 年齢と共にお肌を支える成分が減少する
  • コラーゲンがダメージを受けてしまっている
  • お肌を下げる習慣を続けたことでクセが付く

といったことが考えられます。

 

お肌にハリと弾力を維持するために大切なのは、コラーゲンやエラスチンといった成分です。ですがこれらは、20代をピークに、徐々に減少してしまうという問題があります。

 

さらに紫外線などのダメージを受けることで、コラーゲンが破壊されてハリや弾力を維持できなくなっていきます。生きている年が長くなればなるほど、ダメージを受ける機会も増えてくるので、年齢を重ねると、その結果が顕著に現れやすくなるのです。

 

また、スキンケアの際にお肌を下げてしまうような習慣を続けていると、これがクセになり徐々にたるみに繋がる恐れもあります。お肌のために行っているつもりのスキンケアが、年齢肌悩みの原因になっているというのは残念ですね。

効果的な成分を補給!

そこで、そんなたるみやハリに徹底対策していくために、まずはお肌に不足しはじめる成分を補給できるアンチエイジング化粧品選びから始めてみましょう。

  • コラーゲン
  • エラスチン
  • コラーゲンの生成を促進する成分

こういった成分を配合したアンチエイジング化粧品に注目すると良いですね。

 

ただし、コラーゲンをはじめとする美容成分は、サイズが大きいため、肌表面から塗布しても浸透しにくいという欠点があります。ナノサイズの成分を配合するなど、浸透力にも工夫のあるアンチエイジング化粧品を選んでおくことが大切です。

スキンケアにも注意が必要

せっかくたるみやハリの低下に働きかけることができるアンチエイジング化粧品でも、使い方を間違えると逆効果になってしまう恐れがあります。実感しやすい使い方を守って、丁寧にケアしていきましょう。

  • 塗る方向は「上から下」「内から外」
  • リフトアップマッサージを組み合わせる
  • 強い力を加えない

洗顔や化粧水などの塗布の際、ついお肌を手のひらで強く下げながら使用してしまう方は少なくありません。ですが、1度きりなら大した変化はなくても、このようなケアを毎日、何年も続けていくと、「たるむクセ」が付く可能性があります。どのアイテムを使用する際にも、「下から上」「内から外」を心がけてください。

関連ページ

老けて見られてしまうシワ悩みには保湿力重視
年齢を上に見せてしまう、大変厄介な肌悩みの1つがシワですよね。そんなシワ悩みに対策していくためには、潤いをしっかり与えてあげることが第一です。保湿力重視でアンチエイジング化粧品選びを行い、徹底的に潤いを補給するための使い方のコツを押さえておきましょう。
シミ悩み解決なら水分バランス重視
年齢と共に起こりやすくなるお肌のお悩みと言えば、シミが挙げられます。シミの解消と言えば美白化粧品の方がアンチエイジング化粧品に勝る印象がありますが、アンチエイジング化粧品で総合的に働きかけることも不可能ではありません。選び方と使い方のコツを覚えて、シミ悩みもすっかり解消してしまいましょう!
化粧品で年齢による乾燥に対策!
若い頃には、「少しくらいスキンケアをさぼっても大きな問題はなかった」という方でも、年齢を重ねるにつれて、そうはいかなくなってきます。お肌で潤いを維持している成分が徐々に減少してしまうことで、「年齢による乾燥」が起こりやすくなってしまうのです。乾燥は様々な肌悩み・肌トラブルの大きな原因になりますので、優秀なアンチエイジング化粧品でしっかり対策しておきたいですね。