40代のアンチエイジング化粧品使用法のコツ

MENU

40代のアンチエイジング化粧品使用法のコツ

40代のアンチエイジング化粧品BEST3

 

アスタリフトの特徴

アスタリフトはフジフィルムが持つ独自の技術を駆使して作られたアンチエイジング化粧品です。

ランキング上位になった理由は、この化粧品ならではのデリケートで高い効果を発揮する成分が含まれているから。
それは、トマトリコピンとアスタキサンチンです。

これらのダブルの赤のパワーをナノ化技術で配合しているため、肌の内部まで有効成分を届けることができます。

価格 1,080円(税込)(送料無料)
評価 評価5
備考 たっぷり5日分
「アスタリフト」順位の理由はコレ!

大人気のアスタリフトは、肌の土台を作るというところから始めるスキンケアなので、肌質の根本的な改善から始めることができるアンチエイジング化粧品ですね。

また、他のアンチエイジング化粧品と大きく違う点があります。
それが、トマトリコピンやアスタキサンチンという、化粧品に配合するのが難しいとされてきた成分を配合してあることです。

様々な嬉しい効果の期待できる成分を、ナノ化して配合してあるので、肌が内側から変化するのを実感しやすいのが魅力となっています。

浸透力が高く、即効性を実感しやすいというのが人気の理由ですね。

 
 

保湿&エイジング

アヤナスの特徴

アヤナスは化粧品選びに困る「敏感肌」のことを考えて作られたアンチエイジング化粧品です。

特許技術のヴァイタサイクルヴェールが採用されており、肌表面にバリア機能を形成することで肌トラブルを防ぎます。

さらにヒト型ナノセラミドが、肌の角層をしっかり潤いで満たしてくれます。

また、敏感肌特有の「ゆらぎ肌」にも対応し、成分が浸透しやすい肌に導く「コウキエキス」を配合しています。

価格 1,480円(税込)(送料無料)
評価 評価4.5
備考 BBクリーム1回分プレゼント
「アヤナス」順位の理由はコレ!

最近人気となっているのが、敏感肌のアンチエイジングに着目したアヤナスです。

バリア機能を形成し、年齢肌悩みを改善するだけでなく、敏感肌特有の悩みにも働きかけるという点が特徴的です。

季節の変わり目に悩まされる「ゆらぎ肌」に効果的な成分の配合も、高く評価されていますね。

特に敏感肌で、「アンチエイジングしたいけれど刺激が怖い」という人から選ばれ、ランキング1位となった化粧品です。

 
 
ビーグレンの特徴

ビーグレンは独自の浸透テクノロジーを採用したアンチエイジング化粧品です。

年齢を重ねた肌にも浸透しやすく、肌悩みを内側からスッキリ改善してくれる効果が期待できます。

新開発の3つのQuSomeコンプレックスという機能を果たし、バリア機能の向上、保水力の向上、肌を支える土台作りに働きかけます。

価格 1,944円(税込)(送料無料)
評価 評価4
備考 365日全額返金保証
「ビーグレン」順位の理由はコレ!

3位がビーグレン。
ビーグレンは、医療の現場でも採用される浸透テクノロジーに期待が持てるドクターズコスメです。成分が浸透しにくくなった肌にも嬉しい効果をもたらしてくれます。

さらに、安全性へのこだわりも高く、365日の返金保証付きだから安心して使用することができますね。

 

40代のアンチエイジングは落とすケアから!

40代になると、「そろそろシワやたるみが目立ち始めたな・・・」なんて、高級な化粧品を購入したくなりますよね。
目を向けるのは、大抵「化粧水」や「美容液」といったアイテムでしょう。
確かにこれらはアンチエイジング化粧品として重要ではありますが、その前に、注目したいのが「落とすケア」なのです。

 

「与えるケア」より重要な「落とすケア」

年齢肌悩みが目立ち始めた40代の方は、与えるケアに必死になる前に、まずは「落とすケア」を見直してみましょう。
化粧水や美容液でお肌に良い栄養を与えるケア、というのは大切ではありますが、実はクレンジングや洗顔といった落とすケアは、それ以上に重要だと言われているのです。
なぜなら、落とすケアがしっかり行えていなければ、肌に残った汚れが原因で、その後に使用する化粧水などのアイテムが浸透しにくくなってしまうからです。

 

また、肌に残った汚れはやがて酸化し、肌に刺激となって色素沈着を起こしたり、様々な年齢肌悩みの原因になってしまいます。
特にメイク汚れなどは、キメや毛穴にも残さないよう、しっかり落とすことが重要になるのです。
40代になったら、まずはクレンジングと洗顔に着目したスキンケアコスメ選びで、アンチエイジングをスタートしましょう!

 

落とすケアのコツ

40代の落とすケアで注目したいのは、やはり「肌への負担が少ない」ということですね。
汚れをしっかり落とすことは大切ですが、必要な皮脂や潤いまで落とし過ぎると、ますます肌老化を進めてしまうことになります。

 

クレンジングには優しい処方のクリームやミルクを中心に使用し、洗顔はよく泡立てて、キメの細かい泡をクッションにして、肌の上を転がすように使用していくのが理想的ですね。
また、洗顔後には使用するタオルは柔らかいものを使い、肌を押さえるようにして拭き取ります。
その後にアンチエイジング化粧品を与えていくケアを実施すれば、肌に浸透しやすくなり、効果も実感しやすくなるというわけです。

 

▲ページの先頭に戻る

40代のアンチエイジング化粧品は丁寧に馴染ませる!

40代のアンチエイジング化粧品を使用する際のコツとして、特に重要なのが「馴染ませる」という行程です。
ちょうど仕事も波に乗り、重要な役職に就いている女性も増えてくるでしょう。
そうなると時間が無いので、スキンケアアイテムも適当に塗り重ねてしまいがちです。
ですが、それでは効果が半減してしまいます。

 

1つ1つのアイテムをゆっくり馴染ませる!

40代頃になってくると、肌のターンオーバーの低下により、徐々に化粧品が浸透しにくい状態になってきます。
それに反して、肌の内部では乾燥がどんどん進み、潤いを補給してあげないと年齢肌悩みがあっという間に進行してしまう状態です。
そこで、肌の内部にしっかり浸透させるためにも、化粧水、美容液、乳液、クリームなどを1つ1つ丁寧に馴染ませましょう。

 

化粧水を利用する際には、コットン使いがオススメです。
手の平で塗布するよりも、コットンで丁寧にパッティングして叩き込む方が浸透しやすくなります。
しつこいくらいに叩き込んで馴染ませましょう。

 

さらに、その後の美容液やクリームは、塗布後にしっかりハンドプレスをして浸透させていきましょう。
手の平の温度で肌に心地よく浸透していきます。
慌ててつけるのではなく、次のステップとの間に時間を空けることが大切です。

 

ステップ数が多いからこそ!

40代になって意識し始めるアンチエイジング化粧品は、ステップの数が多いものが大半ですよね。
中には化粧水の前にブースターとして使用する美容液がある、なんてものもあります。
数が多いと、ますます面倒になり、慌てて重ねてしまいがちです。

 

ですが、ステップ数が多いからこそ、丁寧に1つ1つ馴染ませていかないと、使用後の肌がベタベタになってしまうのです。
朝のメイク前にも、1つ1つ馴染ませるということを極力意識しましょう。

 

▲ページの先頭に戻る

40代のスキンケアは肌力アップを狙う!

年齢肌悩みが出てくると、ショックですし、あれもこれもと試したくなってしまいますね。
ですが、人生100年とも言われる今の時代。
40代というのは、まだ人生の半分にも達していないと言えるのです。
そこで化粧品に頼り切る肌になってしまっては、この先のケアが不安になりますね。

 

保湿の徹底で肌力アップ!

40代では、美容成分たっぷりの化粧品で肌を甘やかすのではなく、保湿を徹底することで、肌が本来持っている力を蘇らせることを第一に考えましょう。
40代で肌老化が始まる原因は色々あります。
紫外線であったり、年齢による肌内部の成分の不足であったり・・・
これら全てに働きかけるのは、簡単なことではなく、たくさんの美容液を使用しなければならないと感じてしまいがちです。

 

ですが、保湿をすると、年齢と共に低下しがちなターンオーバーが促進され、それだけでも年齢肌の原因がいくつか解消されてしまうのです。
例えば潤いにより肌のバリア機能が強化されれば、紫外線の害も受けにくくなります。
潤いは美肌の要ですから、美容成分をあれこれ取り入れることよりも、セラミド、ヒアルロン酸等、潤いを重視したアンチエイジング化粧品をメインに選んでいきましょう。

 

天然由来の成分がオススメ!

化学の世界が目覚ましく進歩した現代では、化粧品にも色々な成分が配合されています。
中には人工的な、アンチエイジングに効果を発揮してくれる成分を含む化粧品もありますね。

 

ですが、やはり肌が本来持つ力を高める、ということを考慮するのであれば、自然の力を活かしていきたいものです。
できるだけ天然由来の成分でできた化粧品を選んで、気長に使っていくのが良いでしょう。
添加物なども、極力配合していないものが良いですね。

 

▲ページの先頭に戻る

40代のアンチエイジング化粧品でスペシャルケア!

40代になると、肌の機能も衰えてきますし、精神的にもストレスを感じることが増えてきますよね。
そこで実践したいアンチエイジング化粧品の使い方が、週に1度のスペシャルケアです。
仕事が休みの日など、ゆっくりできる1日を見つけて、週に1度、ちょっと贅沢なケアを実践してみましょう!

 

お風呂でローションマスクを!

贅沢なスキンケアと言えば、ローションマスクです。
顔に、たっぷりの化粧水を含ませたマスクを乗せて、じっくり潤いを浸透させるという方法ですね。
ローションマスク自体は高額なものが多いので、なかなか購入しにくいかもしれません。
ですが、普段使用しているアンチエイジング化粧品を使用して、コットンに化粧水を染み込ませたものをお肌に乗せるだけなら実践しやすいですね。

 

この時ばかりは、化粧水を「これでもか!」というくらいたっぷり含ませて肌に乗せてください。
これを半身浴と共に実施すれば、スチーム効果でさらに潤いが浸透しやすくなります。
マスク時間は5分程度でOKです。
お風呂上りの肌のしっとりモチモチ感に、驚くこと間違いなしですよ!

 

クリームでマッサージ!

アンチエイジング化粧品の中でも、特にリッチな使用感のもの、と言えばクリームですよね。
クリームは価格的にも高額なものが大半です。
このクリームを、週に1度だけたっぷり使用して、マッサージしてしまいましょう!

 

手の摩擦が肌に伝わらないほどたっぷりと肌に乗せ、手の平全体で顔を包み込むようにしながら、ゆっくりと下から上、内から外にマッサージしていきます。
肌が動かないほどの優しい力で十分です。
頬をクルクルしたり、おでこをクルクルしたり・・・
そんなマッサージをすると、顔全体の血行が促進されて、ポカポカして、顔色もパッと明るくなりますよ!

 

▲ページの先頭に戻る

40代のアンチエイジング化粧品はケチケチしない!

40代のアンチエイジング化粧品の使い方で、特に大切にしたいのが、使用量です。
どんなに高価な化粧品に切り替えても、「もったいないから」とケチケチ使用してしまうと、かえって肌に負担をかけてしまう恐れがあるのです。
使用量は適量をしっかり守り、お肌に優しく活用していきましょう。

 

化粧水の量はたっぷりと!

40代になると、特に気になり始めるのが肌の乾燥です。
これを解消するためには、化粧水の量をとにかくたっぷり使用するということが重要になります。
高額な化粧水だからとケチケチ使用してしまうと、乾燥がひどくなり、かえって肌老化が進むこともあります。

 

どうしてももったいないと感じるのであれば、1つランクを落として、安くて使いやすい化粧水に変えた方が良いかもしれません。
また、月に1~2度のエステでたっぷり潤いを補給するよりも、その料金分で買える化粧水を購入して、家庭で毎日の保湿を徹底した方が効果的です。
肌の潤いは毎日逃げていきます。
毎日、とにかくたっぷりの化粧水で丁寧にパッティングして、潤いを補給していきましょう。

 

コットンに残った化粧水に関しては、デコルテやボディにまで伸ばせば、もったいないことも無くなりますね。

 

乳液やクリームもしっかり使用して!

中には「年齢と共に脂が浮きやすくなった」と気にして、乳液やクリームを使用したくないと考える人がいます。
ですが、この過剰な皮脂分泌の一因となっているのは、実は肌の潤い不足なのです。
潤いを肌から逃さないためにと、過剰に皮脂を分泌してしまい、肌がテカテカしてしまうのですね。

 

そこで、化粧水でしっかり潤いを補給した後に、乳液やクリームを適量塗布することで、肌から潤いが逃げないように守ってあげましょう。
これを実践することで、肌から余分に皮脂が分泌されることが無くなっていきます。
ただし、だからといって大量に使用すれば良い、というものではありません。
少量を丁寧に馴染ませることで、肌の水分と油分のバランスを取ってあげることが重要ですね。

 

▲ページの先頭に戻る

関連ページ

50代のアンチエイジング化粧品使用法のコツ
アンチエイジング化粧品は、ポイントとコツを押さえた使用法をすることでより効果を発揮します。50代のアンチエイジング化粧品使用法の重要ポイントとコツについてまとめました。