50代のアンチエイジング化粧品使用法のコツ

MENU

50代のアンチエイジング化粧品使用法のコツ

50代のアンチエイジング化粧品BEST3

 

アスタリフトの特徴

アスタリフトはフジフィルムが持つ独自の技術を駆使して作られたアンチエイジング化粧品です。

ランキング上位になった理由は、この化粧品ならではのデリケートで高い効果を発揮する成分が含まれているから。
それは、トマトリコピンとアスタキサンチンです。

これらのダブルの赤のパワーをナノ化技術で配合しているため、肌の内部まで有効成分を届けることができます。

価格 1,080円(税込)(送料無料)
評価 評価5
備考 たっぷり5日分
「アスタリフト」順位の理由はコレ!

アスタリフトは、肌の土台を作るというところから始めるスキンケアなので、肌質の根本的な改善から始めることができるアンチエイジング化粧品ですね。

また、他のアンチエイジング化粧品と大きく違う点があります。
それが、トマトリコピンやアスタキサンチンという、化粧品に配合するのが難しいとされてきた成分を配合してあることです。

様々な嬉しい効果の期待できる成分を、ナノ化して配合してあるので、肌が内側から変化するのを実感しやすいのが魅力となっています。

浸透力が高く、即効性を実感しやすいというのが人気の理由ですね。

 
 

保湿&エイジング

アヤナスの特徴

アヤナスは化粧品選びに困る「敏感肌」のことを考えて作られたアンチエイジング化粧品です。

特許技術のヴァイタサイクルヴェールが採用されており、肌表面にバリア機能を形成することで肌トラブルを防ぎます。

さらにヒト型ナノセラミドが、肌の角層をしっかり潤いで満たしてくれます。

また、敏感肌特有の「ゆらぎ肌」にも対応し、成分が浸透しやすい肌に導く「コウキエキス」を配合しています。

価格 1,480円(税込)(送料無料)
評価 評価4.5
備考 BBクリーム1回分プレゼント
「アヤナス」順位の理由はコレ!

ランキング2位の敏感肌のアンチエイジングに着目したアヤナスです。

バリア機能を形成し、年齢肌悩みを改善するだけでなく、敏感肌特有の悩みにも働きかけるという点が特徴的です。

季節の変わり目に悩まされる「ゆらぎ肌」に効果的な成分の配合も、高く評価されていますね。

特に敏感肌で、「アンチエイジングしたいけれど刺激が怖い」という人から選ばれ、ランキング1位となった化粧品です。

 
 

リペアジェル

リペアジェルの特徴

リペアジェルは、1本で様々なアンチエイジング効果が期待できるオールインワン美容液です。

特に乾燥による小じわやハリの不足、シミに着目した美容成分をたっぷり配合しています。

濃度が高く、美容成分100%にこだわっているため、実感しやすいアンチエイジング化粧品としてランキングでも人気となっています。

価格 2,052円(税込)(送料無料)
評価 評価3.5
備考 リペアウォーター(3,000円相当)プレゼント
「リペアジェル」順位の理由はコレ!

手軽にアンチエイジングをしたいという方から人気となっているのが、リペアジェルです。
リペアジェルは、生の状態で配合されたビタミンC生命体が特徴の化粧品です。

オールインワン美容液なので、これ1本で様々な年齢肌悩みに効果が期待できるのが嬉しい点です。
植物性100%で低刺激だから、多くの肌悩みを抱える女性に選ばれる使いやすい化粧品です。

 

50代ではホルモンバランスの変化に注目!

50代になると、大半の女性が何らかの肌の変化を感じ始めます。
様々な衰えや年齢肌悩みの発生に、アンチエイジング化粧品選びにも必死になりますね。
ですが、ここで1つ、この年代の女性が忘れてはならないのがホルモンバランスの変化です。

 

更年期にさしかかると肌も変わる!

女性の肌の状態には、ホルモンバランスが大きく関係していることが分かっています。
この女性のホルモンバランスは、生理という特有のリズムにより、左右されてきました。
ですが50代頃には閉経を迎える女性も増え、それと共に更年期と言われる時期に差し掛かり、ホルモンバランスが急激に変化してしまいます。

 

その結果、年齢肌が加速したり、これまで無かった肌悩みが登場してしまうこともあるのです。
肌の状態の大きな変化に戸惑い、あれこれアンチエイジング化粧品を試したくなる時期ですね。
ですが、化粧品だけでは限界もある問題ですので、ストレスの緩和など内側からのケアも実践していきましょう。

 

アンチエイジング化粧品で癒されて!

ホルモンバランスの変化というのは、ある程度はどうしようもない問題です。
ですが、アンチエイジング化粧品の使い方で全く解決できないというわけでもありません。

 

ホルモンバランスは、更年期以外にも様々なことに影響されます。
その中でも大きいのが、ストレスです。
このストレスの解消に、アンチエイジング化粧品を活用するのです。

 

例えば香りが好きな化粧品を使用して毎日のスキンケアを行えば、1日の始まりと終わりに好きな香りに癒され、快適な気分になりますね。
それから、1日の終わりの締めくくりとして、じっくり丁寧にお肌に語り掛けてあげると、心も落ち着きます。
そると、リラックスして良い睡眠がとりやすくなるのです。

 

質の良い睡眠はホルモンバランスを整えるのにも役立ちます。
そんな良質な睡眠のためにも、使用感の良い化粧品を使って、おやすみ前のスキンケアを楽しみましょう。

 

▲ページの先頭に戻る

50代のアンチエイジング化粧品は摩擦せず使用!

50代になると、化粧品もアンチエイジングを意識したラインを選ぶ方が増えるでしょう。
ですが、いくら質の良い成分をたっぷり配合したものでも、これをゴシゴシすり込むようにして使ってしまうと、年齢肌を加速してしまうかもしれません。
摩擦というのは、肌に想像以上の負担を与えているものなのです。

 

肌の薄さはティッシュペーパー1枚分!

なぜ肌を摩擦してはいけないのか・・・
その理由は、驚きの肌の薄さにあります。
実は肌の表面の薄さというのは、ティッシュペーパー1枚分程度だと言われているのです。

 

たったそれだけしかない薄い皮膚を強くこすってしまうと、シワやたるみが起こりやすくなるのは当然ですね。
そのため、ティッシュに触れているような感覚で、極力肌を摩擦せずに使用するということを心がけなければならないのです。

 

特に50代頃になってくると、若い頃よりも肌のバリア機能が低下してしまったり、あるいは肌がさらに薄くなるなどの現象が起こります。
すると、ますます摩擦に弱くなってしまいますので、スキンケアする際には腫れものに触れるくらいの気持ちで優しくケアしましょう。

 

摩擦しないためのコツ

では、どうすれば摩擦せずにアンチエイジング化粧品を使用していけるのか、というのが気になりますよね。
このためには、まず量を多めに使用することです。
特にクレンジングや洗顔量はたっぷり使用し、ゴシゴシ洗いを避けます。

 

それから化粧水もたっぷり使ってパッティングすれば、摩擦になりにくいですね。
化粧水はとろみのあるテクスチャーのものを使用するのも1つの手ですね。
さらに乳液やクリームなどは、肌全体に滑らせるように伸ばすため、額・両頬・鼻・顎の5点に置いてからそっと伸ばしていきましょう。

 

50代頃になると、化粧品のアイテム数も増えてしまいがちです。
アレコレ重ねれば重ねるほど、肌への摩擦などの負担が増えてしまいますので、極力力を入れずにケアすることを意識しなければなりません。

 

▲ページの先頭に戻る

50代でもアンチエイジングは諦めないこと!

50代になって現れてくる肌悩みの数々は、いわばこれまでの人生の積み重ねによるものです。
若い頃にうっかり浴びた紫外線がシミやシワになって表面化してくる、なんてケースも多いですよね。
「今さらケアしても変わらないから」なんて、諦めてしまっていませんか?
今の時代はアンチエイジング化粧品の進歩も目覚ましく、多くの肌悩みを解消に導くことが可能になっているのです!

 

シワにも対策できる!

年齢肌の中でも特に大きな悩みとして多くの50代女性が抱えているのが、シワに関する悩みですね。
このシワには、大きく分けると2種類あります。
1つは、肌の表面の浅いシワ、そしてもう1つが、真皮に刻まれた深いシワです。

 

残念ながら深いシワに関しては、化粧品による対策は難しいと言われています。
ですが、肌表面にあるごく浅いシワに関しては、対応できるアンチエイジング化粧品が多数あるのです。

 

乾燥による小じわが気になる部分は、特に丁寧に化粧水や美容液、クリームなどを塗り込み、潤いと栄養を与えていきましょう。
表情ジワが刻まれやすい目元、口元は要注意ですね!

 

50代からできるシワ・シミ対策

これまで積み重ねてきたことによって起こる肌悩み、の代表格がシワとシミです。
これら2つに対策していくために、50代から始めるべき働きかけとしては、まず第一にターンオーバーの促進です。
効果的な成分を配合したアンチエイジング化粧品を、ただ使用するだけでなく、ターンオーバーも同時に促進することで、キレイな肌が表面に出てくるのを助けられます。

 

その結果、シワやシミが薄くなるなど、50代の女性でも「諦めなくて良かった」という結果を得やすいのです。
ただし、シミやシワの対策にはかなり根気が必要です。
若い頃でもターンオーバーの周期は28日程度。

 

これよりも生まれ変わりに時間がかかる年齢肌ですから、根気よく、半年以上はかかる覚悟で挑んでみましょう!

 

▲ページの先頭に戻る

50代のアンチエイジング化粧品は目元口元にこだわって!

50代で年齢肌悩みが特に現れやすい部分と言えば、目元や口元です。
これらの部分は皮膚が元々薄く、デリケートであるにも関わらず、目の瞬き、口の会話や食事の際の動き、さらに表情などにより、かなり皮膚が酷使されています。
そのため、シワやくすみなどの肌悩みが現れやすいということで知られているのです。
この2カ所のアンチエイジングケアを制したものは、50代からのアンチエイジングを制する、と言っても過言ではないでしょう。

 

目元のケアにはクリームを!

目元には、目尻などに特に細かい表情ジワが起こりやすくなります。
これは幸い、根が浅いシワですので、対策次第で軽減することが可能です。
ケアの方法としては、この部分に関しては「手をかけたいから」とマッサージなどを施すのは逆効果、と考えた方が良いでしょう。
なぜなら、目元が薄い分、摩擦など負担をかけると症状が悪化してしまう恐れがあるからです。

 

目元をケアする方法は、ここだけ部分的にアイクリームや、美容クリームを適量、重ねづけしてトントンと優しく馴染ませてあげることですね。
目尻のシワに入り込むように、そっと目尻のお肌を持ち上げながら叩き込むと効果的です。
決してこすらないようにしてください。

 

口元のケアにはほうれい線マッサージを!

口元で特に気になるのは、ほうれい線です。
こちらはやや深いシワになるので、簡単に消えるものではありません。
ですが、薄くする、ということは不可能ではないので、諦めずにケアしていきましょう。

 

ほうれい線のケアに有効な方法の1つが、マッサージです。
毎日、クレンジングクリームを多めに使用して、ほうれい線に反って手の平で優しく、下から上にマッサージしてみましょう。

 

それから、肌をリフトアップすることでも、ほうれい線は軽減されます。
頬全体を引き上げるようなマッサージをしてみるのも良いですね。

 

▲ページの先頭に戻る

50代のアンチエイジング化粧品は首と手にも!

アンチエイジング化粧品というと、顔のスキンケアに使用する印象ばかりが先行してしまいますね。
ですが、年齢と共にお肌が衰えてしまうのは、顔ばかりではありません。
特に人目につく、気になるお肌の部分と言えば、首や手ですね。
この部分にもアンチエイジング化粧品を用いたケアをしてみましょう!

 

ついでにデコルテケア!

まず首やデコルテのケアについてですが、これは化粧水をパッティングした後に、コットンに残った化粧水を首やデコルテラインまで伸ばすと良いでしょう。
わざわざ「首とデコルテのケア」と意識すると面倒になりますが、こうして「ついで」感覚のケアにすることで、楽々継続しやすくなります。
これと同じ要領で、美容液、乳液、クリームなども手の平に残った分を首やデコルテにまで伸ばしてしまいましょう。

 

この時、首のリンパの流れを意識しながら、マッサージする感覚で伸ばしていくと、より効果的です。
耳の下から鎖骨に向かってはリンパが流れていますので、ここをマッサージしながら伸ばせば、顔色が良くなったり、肩こりの解消にも役立ちます。
それから鎖骨を最後に揉みほぐせば、よりスッキリと顔が明るくなりますよ!

 

手のケアはクリームを仕上げに!

手という部分は、日々酷使するため、仕事や家事でボロボロという女性も多いでしょう。
女性の年齢が最も現れやすい部分と言われています。
日常的なケアとしては、手を洗ったり水に触れた後にはこまめにハンドクリームを塗布する、というのが基本です。

 

それから、夜の寝る前には毎日、スペシャルケアをしてあげると良いでしょう。
こちらも、手の平に残った化粧品を手にそのまま馴染ませるのが簡単な方法です。
ハンドクリームは優れたコスメですが、基本的に与えるのは油分がメインなので、時には水分を与えてあげることも大切なのです。

 

アンチエイジング化粧品の化粧水をついでに馴染ませたら、さらにハンドクリームを仕上げに塗布して、最後に布製の手袋をはめて就寝。
こうすれば、翌朝にはふっくらしっとりとした手に仕上がります。

 

▲ページの先頭に戻る

関連ページ

40代のアンチエイジング化粧品使用法のコツ
アンチエイジング化粧品は、ポイントとコツを押さえた使用法をすることでより効果を発揮します。40代のアンチエイジング化粧品使用法の重要ポイントとコツについてまとめました。