アンチエイジング化粧品の正しい使い方:化粧水が重要です!

MENU

化粧水が重要です!

アンチエイジングの際に基本中の基本となるのが、保湿ケアです。
その保湿ケアで最も重要な役割を担うアイテムが化粧水ですので、このステップはとにかく丁寧に!が大切ですね。
ですが、意外と間違えた方法で化粧水を使う人が多いので、注意が必要です。

 

化粧水の浸透力アップのコツ

年齢を重ねた肌と言うのは角質層が厚くなり、化粧水が浸透しにくくなっています。
肌の内側に成分が届かなければ無意味なので、しっかり浸透させるために、いくつか工夫をしましょう。

 

まず1つ目に有効な、手っ取り早い方法が、ブースタータイプの化粧水や美容液を使用することです。ブースタータイプのものを使用することで、肌の柔軟性が高まり、しっかり内側まで浸透しやすくなります。

 

それからもう1つの方法としては、コットンに化粧水をたっぷり含ませた状態で、優しく肌表面を内から外に撫でるようにして、古い角質を拭き取ることです。
事前に1度拭き取るケアをしてからパッティングするだけで、全く浸透力が違ってきます。
拭き取った後のコットンが黒ずむ場合は、古い角質がたくさん残っている証拠。
しっかりケアする必要がありますね。

コットンでパッティングを!

化粧水は、手の平に取ってパシャパシャ付けるだけ、という方もいます。
ですが、これではなかなか浸透させることができません。
コットンにたっぷりの化粧水を含ませ、これを使って丁寧にパッティングをしていくと、内側までしっかり潤い補給することができます。

 

この時、パッティングは下を向いている毛穴に叩き込むことをイメージし、下から上に、細かくトントンと行っていきます。肌に触れた時、ひんやりと感じるくらいまでパッティングすれば、内側まで潤いが浸透した証拠です。

時にはコットンマスクを!

時間のある時には、化粧水をヒタヒタにしたコットンを使い、コットンマスクで潤いをじっくり浸透させましょう。肌の表面に化粧水たっぷりのコットンを乗せ、数分間そのままにしておきます。
5分が限度で、それ以上になると、せっかくの潤いがコットンに逆戻りすることもあるので気を付けましょう。

 

そうしてコットンマスクをしたら、コットンに残った化粧水は首やデコルテなどにも塗布してしまうと、無駄が無いですね。コットンマスクは毎日行っても良いですが、時間が無いという方は、休日のスペシャルケアとして取り入れるのがオススメです。
市販のシートマスクを利用しても良いですね。

関連ページ

まずはきちんと落とすこと!
アンチエイジングする際には、与えるケアばかりに注目してしまいがちです。確かに不足しがちな成分を与えることは大切ですが、その前に、忘れてはならないステップがあります。それが、「落とすケア」ですね。
美容液をアンチエイジングに活用!
アンチエイジングコスメで欠かせないアイテムと言えば、美容液ですよね。ですが、この美容液は上手に使えば高いアンチエイジング効果が得られるものの、間違えた使い方をすると、逆効果になることもあるので、注意が必要なのです。
乳液やクリームも大切!
乳液やクリームといったアイテムは油分が多めのものとなりますが、これらはアンチエイジングケアにおいては、特に重要な役割を果たしています。これらをうまく活用することで、エイジング悩みが加速するのを防いだり、気になる悩みを改善に導くことも可能なのです。