ビーグレンにはどうしてゲルとクリームがあるの?

MENU

ビーグレンにはどうしてゲルとクリームがあるの?

ビーグレンにはどうしてゲルとクリームがあるの?

スキンケアコスメのラインナップというのは、非常に多彩ですね。
化粧水と美容液だけでケアが完了するものもあれば、化粧水、乳液、クリームといった基本に忠実なものもあります。
そんな中でビーグレンは、主に4つのアイテムで行うスキンケアとなっており、そのラインナップが非常に特徴的です。

 

ビーグレンは、化粧水、美容液、ゲル、クリームという順番で使用していく化粧品になります。ゲルとクリームがどう違うのか、と疑問を感じる方も多いですね。

 

このゲルが持つ働きは、水分を守り、バリア機能を向上させることです。
肌の潤いを長い間持続させるための保湿ゲルになります。

 

これに対してクリームは、「エモリエントクリーム」と呼ばれるものです。
エイジングケアに着目し、肌にハリと弾力をもたらす働きがあります。

 

このように、ビーグレンのゲルとクリームには、それぞれに違った役割があるのです。

アンチエイジング化粧品の使い方に注意!

アンチエイジング化粧品は、どこのメーカーのものを選ぶかによって、使い方にも大きな違いが出てきます。そのため、基本に忠実な使い方だけではなく、「その化粧品ならではの使い方」というのもしっかり実践していくことが重要です。

 

コットンは使用する!?

化粧水を塗布する際には、基本的にはコットンを使用した方が、肌に多くの水分を浸透させられると言われています。
ですが、化粧品によっては手の平で塗布することを推奨しているものもあります。
手の温もりで浸透しやすくなったり、コットンの繊維による刺激が無くなったりと、この方法にはこの方法のメリットがあります。
メーカーが推奨している方法で塗布していきましょう。

 

使う順番を守って!

アンチエイジング化粧品の中には、いくつものステップを踏んでケアしなければならないものも多いですね。
うっかりこの順番を間違えて使用してしまっている人というのも中にはいるでしょう。
ですが、メーカーが推奨するステップの順番というのは、きちんと浸透し、効果を最大限に発揮するために重要なものとなります。
これもきっちり守って使用していきましょう。

 

>> ビーグレンの詳しい情報はこちらから!

 

関連ページ

ビーグレンは使用方法が難しいのでは?
ビーグレンはアメリカ生まれの化粧品であることや、4つのステップがあることなどから、使用方法が難しいのではないか、と考えられることもあります。 ですが、そんなことはありません。
ビーグレンはどんな肌タイプにおすすめ?
ビーグレンのアンチエイジング化粧品は、基本的には様々な肌質に合うものとなっています。ですが、特におすすめなのは乾燥が気になるお肌です。 こちらのシリーズは保湿力に重点を置いて開発されているため、乾燥肌を内側からしっかり潤す効果を発揮してくれます。