ビーグレンはどんな肌タイプにおすすめ?

MENU

ビーグレンはどんな肌タイプにおすすめ?

ビーグレンはどんな肌タイプにおすすめ?

ビーグレンのアンチエイジング化粧品は、基本的には様々な肌質に合うものとなっています。
ですが、特におすすめなのは乾燥が気になるお肌です。
こちらのシリーズは保湿力に重点を置いて開発されているため、乾燥肌を内側からしっかり潤す効果を発揮してくれます。

 

それから、年齢を重ねるに連れて、脂性肌になってしまうという方も少なくありません。
これも実は、乾燥が原因で起こっている現象である場合もありますので、まずはビーグレンでしっかりと内側から潤いを与えて、余計な皮脂が分泌しないように対策してみましょう。

年齢と共に肌質が変わる!

若い頃には普通肌だったのに、どんどん乾燥肌になってきたり、脂性肌になってきたり・・・
年齢と共に、肌質は変わってしまいます。
そこで、肌質に合わせたケアをしていくことが重要になってきます。

 

乾燥肌

年齢と共に、肌の潤いを維持するために必要な成分がどんどん現象していきます。
その結果、乾燥肌が進み、これが多くの肌悩みの元凶になってしまうことがあります。
そこで、セラミド、ヒアルロン酸といった減少する潤い成分をしっかり化粧品で補給してあげることで、乾燥肌の進行を食い止めてしまいましょう!

 

脂性肌

乾燥とは逆に、年齢と共にテカりが気になったり、脂っぽい肌になってしまう方もいらっしゃいます。
このような現象が起こる主な原因としては、2つのことが考えられます。

 

1つはホルモンバランスの変化によるもので、女性ホルモンのエストロゲンが減少し、プロゲステロンが優位になったために、男性のように皮脂が多くなってしまうということです。
そしてもう1つは、肌の内側が乾燥しているために、これを守ろうとして皮脂を過剰に分泌してしまうということです。

 

これらに対策するために、エストロゲンを増加させる効果が期待できる大豆やザクロを食べたり、バラの香りを楽しんだり、ピンク色のものを身に着けてみると良いですね。
それから、皮脂の過剰分泌を抑えるためにも保湿ケアを徹底していきましょう。

 

>> ビーグレンの詳しい情報はこちらから!

 

関連ページ

ビーグレンは使用方法が難しいのでは?
ビーグレンはアメリカ生まれの化粧品であることや、4つのステップがあることなどから、使用方法が難しいのではないか、と考えられることもあります。 ですが、そんなことはありません。
ビーグレンにはどうしてゲルとクリームがあるの?
ビーグレンは、化粧水、美容液、ゲル、クリームという順番で使用していく化粧品になります。このゲルが持つ働きは、水分を守り、バリア機能を向上させることです。これに対してクリームは、エイジングケアに着目し、肌にハリと弾力をもたらす働きがあります。