ビーグレンは使用方法が難しいのでは?

MENU

ビーグレンは使用方法が難しいのでは?

ビーグレンは使用方法が難しいのでは?

ビーグレンはアメリカ生まれの化粧品であることや、4つのステップがあることなどから、使用方法が難しいのではないか、と考えられることもあります。
ですが、そんなことはありません。

 

化粧水、美容液、ゲル、クリームの順に、肌の表面に適量を伸ばし、これを1つ1つ、丁寧にハンドプレスして馴染ませていけば良いだけです。
ただ塗り重ねれば良いだけのケアなので、使い方で難しい点は何もありません。

 

ただし、慌てて塗布するのではなく、1つ1つのアイテムをきちんと馴染ませていくことが大切です。顔全体に広げた後のハンドプレスは忘れないようにしましょう。

アンチエイジング化粧品の浸透力アップ!

せっかく良質な成分を配合したアンチエイジング化粧品でも、浸透しなければ意味がありません。
では、どのような工夫で浸透力が高まるのでしょうか?

 

落とすケアをしっかり!

アンチエイジング化粧品を使用する前には、肌を清潔にする必要があります。
クレンジングや洗顔料で汚れを落とすわけですが、この際に汚れが落としきれていないと、浸透力が一気に落ちてしまいます。

 

クレンジングはよく肌に馴染ませて丁寧に落とし、その後の洗顔は、キメの細かい泡で、生え際や小鼻の際といったところまで泡を転がすようにして洗っていきましょう。
ゴシゴシ洗いでは、かえって毛穴やキメに汚れを詰まらせてしまう恐れがあるので注意しましょう。

 

拭き取りケアですっきり!

化粧水を塗布する前に、まず肌の古い角質を拭き取ると、それだけでも浸透力がアップします。
化粧水をたっぷり含ませたコットンで、肌表面を優しく撫でるようにして拭き取ってみましょう。
コットンが黒ずむ方は、古い角質がたくさん溜まっている可能性があります。
クレンジングや洗顔といったケアを見直してみると良いですね。

 

>> ビーグレンの詳しい情報はこちらから!

 

関連ページ

ビーグレンはどんな肌タイプにおすすめ?
ビーグレンのアンチエイジング化粧品は、基本的には様々な肌質に合うものとなっています。ですが、特におすすめなのは乾燥が気になるお肌です。 こちらのシリーズは保湿力に重点を置いて開発されているため、乾燥肌を内側からしっかり潤す効果を発揮してくれます。
ビーグレンにはどうしてゲルとクリームがあるの?
ビーグレンは、化粧水、美容液、ゲル、クリームという順番で使用していく化粧品になります。このゲルが持つ働きは、水分を守り、バリア機能を向上させることです。これに対してクリームは、エイジングケアに着目し、肌にハリと弾力をもたらす働きがあります。